ただの日記

STの資格取るための勉強中。勉強の進捗報告とか日々取り込んだ何かしらへの感情のメモ書きとか。

5/24

何か急にいろいろ予定入って忙しくなってきて心が落ち着かないからずっと寝るだけの1日欲しい…

いやでもなあ…日曜は自習行きたいよなあ…

ぐええ

 

気持ち切り替わるかな〜〜〜て思って1週間ぶりくらいに垢復帰させてちらっと覗いてみたらフォロワ皆んな楽しそうに推しトークしたりお絵描きしたりしてて戻りたくなった…

今日の授業で検査の説明聞きながらこれ推しがやったらどういう結果になるかな〜〜とか考えてあ〜〜標準偏差より1.5SDくらい高い数値出してそ〜〜〜とか考えてちょっとだけテンション上がってたけどいやこんなんツイッターやってても呟けねえわ…

戻ったとして周りと同じテンションでオタクコンテンツの何かしらを共有できるのか何か最近よくわかんなくなってきたな…

 

青春18きっぷ使って電車で適当にどっか行きたいな〜〜〜

旅がしたい…温泉行きたい…友達と…

あ〜〜〜〜〜温泉〜〜〜

5/22

なんか眠いといろいろ考えてた何もかもどうでも良くなってくるな…

今日は…今日も言語学の授業が面白かった…

 

意味論とか語用論とかメタファーとかその辺りの話は聞いててすごいわくわくする

アレゴリーとか修辞学とか広義でみたらいわゆるストーリーテリングと通ずるところあると思うし

自分が作るタイプの同人誌とか言語学的に言わせればこの辺りのカテゴリなんだろうなとか考えたりして同人誌作りたくなった…

そもそもとしてフィクションとか創作物って大体メタファーのミルフィーユ状態みたいなとこあるじゃんね

あ〜そうそうアニメ漫画同人誌のそういうとこが好きなんだよな〜って思いながら聞いてた…

 

いやね言語学はまだ堅苦しさどうにかすれば楽しい部分もあるくらいだし音声学もIPAと/N/の変形辺りもう少しインプットしたらまあまあ対応できるようになりそうなんだけどそのあと音響学のこと考えると無理みが強い

はー…いや…音響学無理じゃない…?

あーどっかで向き合わないとなあ…

……あー…同人誌作りたい…

5/21 自尊心

やたら高圧的な物言いをする講師て学校とか大学とか、そういうとこで何科目も受講してたら大体一人は見かけるなあて思いながらその一人の方の授業を今日も受けてて(これがまた内容が絶妙に薄いのを自分語りで水増しした感じで絶妙に受講意欲を削がれるものなんですけど)。

専門職柄、STとして臨床に出てる人or臨床にも出てるけど研究者色が強い人に大別されて、上の方はいわゆる後者の方なんですけど。

やっぱり学問を究められる方っていうのはそれだけ勉強に身を切れるからこその自尊心を持ってらっしゃるからこそそれが言動に現れるということがあるんだとは思うんですけど。

他にいらっしゃる後者タイプの講師の方も厳格な雰囲気と言動をされる方ながら物腰から柔らかさも伝わるのでむしろそれがすごいのかなあと思うなどしてるんですけど。

 

今日はそんなことを思考の外で考えながら授業を受けてしまってたんですけど「自尊心」って言葉は何とも取り扱いが難しいワードだなあと思ったのが本筋です。

とりあえずネット辞書で意味調べてたんですけど。

「自尊心…自分の人格を大切にする気持ち。また、自分の思想や言動などに自信を持ち、他からの干渉を排除する態度。プライド。」

…改めて見ると何か一つの語としてまとめるには前者と後者のニュアンスから受ける印象が違いすぎるので何とも言えない気持ちになったんですよねこれ

確かに「プライドが高い」って何か取っつきづらそうというかネガティブな印象が強いんだけど…

類似語とか調べたら「驕る」「自惚」「ナルシスト」とか出てくるんですよ…

片やwikiとか見てみたら自尊心は「自己肯定感のために必要な感情」だとされてるって出てくるんですよ…

高すぎる自尊心は驕りと関連性が高い、みたいな記述もあってそれは分かるんですよね

でも、こう、自尊心そのものにネガティブな意味を付加するのって何か変だなあて改めて。

自尊心を持つ=驕ることは良くないみたいな感じで自己肯定感持ててなさそうな人達に心当たりもあったもんで何かそういう短絡的な認識の浸透て怖いなあ…て思ったりしたわけでした。

 

 

私は能力が伴っていたとしても驕り高ぶる人は結構苦手だったりするんですけど自尊心が低すぎる人はそれはそれで嫌いです。

節度をわきまえられるタイプのオタクって結構な確率で能力が伴っているのに自尊心低い人が多かったりする印象が私はあるんですけど。

自分よりよっぽど人間的にしっかりしてる人達が自分より自信がない姿を見るのがすごくもやもやしてしまって。

だから「こういう長所がある!すごい!私筆頭に持てない人が沢山いる才能だよ(相対価値がある根拠の提示)!いやまじで羨ましいよ(私情)!自信持って!」みたいなことをよく言ったりしては場の空気を気まずくしたものです。

…なんで気まずくなるかってそう言ったら「でも私はそうは思わないからなあ」って返ってきて、それに対して「私は本当にすごいと思ってるからそう言ってんだろ」って食いついたら「でもねえ」みたいな流れができるからなんですけど。

思い出したら腹立ってきたんですけど。気まずい空気になるのおかしくない??

いやまあ自尊心がなくて自己肯定感が低い人ってそうなるんだろうなあってのは分かるんですけど…

 

STになって勉強と経験重ねたらそういう人達に対して効果的な対応ができたりするのかなあ…もう少し自尊心を引き出せるきっかけを作れたりするのかなあとか。

先週の認知行動療法といいエリクソンといい、勉強がてら触れていく話題でこの手のそれを見かける度にそんなことを考えたりもするわけでした。

大仰な上後付けも大概なんですけど、それが少しでも勉強に向かう理由になるなら少しでもそう思ったってことも垂れ流しておこうと思った次第です。

5/19 映画の感想とか

先週はオタクと遊んでいたので久しぶりに日曜の学校で勉強したなあという気持ち。

9時から17時まで…絶対…間違いなく眠くなる…と思っていつも懐にモンスターを忍ばせて行ってるんだけど意外と小休止挟みつつでもずっと集中できてる自分がいて日曜の17時を迎える度にちょっとびっくりしてる。

学生時代の頃は図書室にこもっても大半を寝て過ごした記憶しかなかったから。

まだまだ勉強したりなくて、もう数時間いたいなと思いながら学校を後にしてたりとかする。

何かこう、気の持ち様でこんなに集中できるのにこれまで学生で許されていた年代に学生をしていた私は何でそれができなかったんだろうって帰り道は達成感よりやるせなさが大きくて笑えるような悔しいような。

とりあえずまた明日からと来週の日曜日も頑張ろう。

 

 

それと土曜日は学校の後で先週とは違うオタクの友達と会ってご飯食べて映画を見てきて楽しかったって話。

中1、2とかそこいらくらいからネットで知り合ってから時々会ってはご飯したり喋ってのぼちぼちの距離感の関係が続いてる子だから気兼ねなく話せる感じがやっぱり居心地良くて楽しいなあって。

25くらいまでは特に何か考えず推しのこと考えて楽しくて今も楽しいけど世間体考えると30までに結婚したいんだけど結婚したい理由にまず世間体が上がる打算的なところがまず駄目な気がする…だってオタク楽しめてる今は世間体さえ考えなかったら最高に楽しいから…

みたいな駄目な同人アラサーオタクトークの成分がここ数年ぐっと増えてきて15年の月日の長さを感じるなあとかなんとか

(それはそれとして自分のことアラサーって自称すると敗北感あって嫌だな…(何と闘ってるんだ…)

串カツおいしかった…いろいろ話聞けたり聞いてもらえて良かった…またご飯食べようねえて言って貰えて嬉しかったなあ…

前回の記事で友達いないムーブした矢先だけどまたを楽しみに頑張れそう

 

この話も聞いてもらった一つだけど、ふわふわした踏み込まない話を楽しむだけの仲良いフォロワやネットで長い付き合いの知り合いを友達とするなら友達居る方だとは思うんだよな

ただ本気で悩んでる現実的なこととか、そういうのを相談してくれたり相談に乗ってくれるような距離感の友達は誰も居ないなあって、私が友達いないって言ってるのはそこの領域の話なんだけど友達の定義なんて人それぞれだから理解得がたいっていうか難しいね

 

名探偵ピカチュウはね、世界観の完成度が50000万点だったからそこを思い返すほどに良かったなあ…って感情は加算されるんだけどストーリーが思った以上に思ってたものと違ったから手放しでは絶賛できなかった…

ゲームの方をやってなかったからさあ…トレーナーと相棒ポケモンの絆の物語だともうずっと思ってたんだよ……最後の最後で自分がそうだと思い込んでたコンセプトがひっくり返されたのが勝手なんだけどすごくショックだったよ…

あれは…親と子の物語だった……ポケモンとトレーナーとしての物語性は最終的には何もなかった…ぐう…

ポケモンとトレーナーの関係性オタクだった自分とはストーリーの相性が殊更悪かったなとはしみじみ。

でもピカチュウのモデルは本当に可愛かったし街や自然やそこに根付くポケモン達が生きるリアルな世界の作りは本当に本当に変態的で最高だったね…

私もライムシティで相棒と何てことないかけがえない毎日を送りたい…

5/18 覆水盆に返らず

いやね、FGOでここ数日、強化クエストと幕間の物語を消化していってるんですよ

シナリオは割と飛ばしてるんだけど本編に根深そうなキャラは読むか〜と思ってダヴィンチちゃんの幕間2を読んでたら見かけたんですよ

「後悔先に立たず…というよりは覆水盆に返らずってとこかな」的な(うろ覚え

言葉は知ってたけど意味について考えたことなかったからこの文面見て初めて覆水盆に返らずて後悔系の慣用句だったんだ〜…て思って調べたら「お盆からひっくり返った水はもう元には戻らない」的な文面と画像の説明を見かけて、本当に文面通りだったのにどんだけ意味に対する意識低かったんだ…てちょっと面白かった

諸行無常というよりは「一度離婚した夫婦は元には戻ることはできない」が転じて「一度起きてしまったことは二度と元には戻らない」ってニュアンスらしいから確かに類似慣用句としては後悔先に立たずに近いんだなあ…なるほどなあ

ただ後悔先に立たず、は「自分の言動」を指してる感じがするけど覆水盆に返らずは「自分の言動」もだけど「意図せず起きた事態や現象」も含めそうだし結果に対する感情も「後悔」みたいな指定もないからもっとふわっとしてるというか上位互換というか広義な言葉なんだなあ

って何となく考えたりしてたけど合ってるかはわかんない…そう感じて面白いなあて勝手に思ってただけ…

 

ここまで話して一番言いたいことはこれから言うんだけど

何を思ったっていうと、

慣用句って二度あることは三度あるみたいな文面がそのまま意味になってる系と桶屋が儲かるとか元ネタのエピソード知らないと意味わからないメタファー系とあるけど類似だけど意味そのままとメタファー系のやつ並べて見たとき(あっ〜〜メタファー系慣用句から時として見える情緒めっちゃ好きだな〜〜)て思ったっていう。

離婚した夫婦っていうと途端に生々しいけど「お盆からひっくり返った水はもう元には戻らない」が「二度と元には戻らない」って意味になるのすーごいエモいな〜〜〜てめちゃめちゃ思った…

言語学で丁度今週は意味論とかやってたからちょっとタイムリーだったのも面白かった

日本語のニュアンスを表現する術が豊富すぎて柔らかすぎて右脳ありきにさせちゃうことがあるところ大好き…

 

話題の切り口にした割にFGOほぼ関係ないんだよなあ…でもダヴィンチちゃんの幕間2めっちゃ良かった…弟子…今のルックスの理由……そういう掘り下げほんと好き…良かった…

あとジャンヌオルタガチャは200連近くしたけど項羽すり抜けた以外爆死しました

私は悲しい

 

今日はなんか慣用句的な教えを意識すること多いなって思いながら、宇宙のステルヴィアしーぽん座右の銘が確かそうだった影響で小中学生の頃の私の座右の銘って「千里の道も一歩から」だったなあて振り返ってたけど夏休みの宿題はコツコツじゃなくて最終週で追い込む派のスタンスが今でも根深い自分にはあまりにもあれなセレクトだったなあ〜〜笑

 

あとはNHKのドキュメント72hの高田馬場特集ちらっと見てたけど面白かった…

家のテレビ死んでるからテレビは実家行って見てるんだけど

40代サラリーマンの人が「結婚して子ができて、仕事やお金のことを考えたりするようになって、大人になったなあというか学生の頃の自分とはすっかり変わったなあと思う。学生の頃は悪気もなく留年したりして今となっては悪いことをしたなあというか…その頃の自分を親はどう思っていたんだろうなあとか思う」みたいなことを話してるのを見てるとき父とリビングに二人きりだったので大層気まずかったこととか

ニュージーランドの語学留学から帰って現地の子からラブレターもらって、モチベーションが今全然違う、何でもできそう、すごい、って淡々と語る中学生の青春の姿に恋って良いなあかわいいなあて思ったりとか。

(他人が純粋に楽しんでる姿を微笑ましいとは思うけど自分のことになるとすごいどうでもよくなるのって何だろ…推しが楽しそうなことしてるの想像してる方が楽しい同人オタクのあれって関係ある?)

 

何か…他にもこまごま考えてたことがあったような気がしなくもないけど記事2本で1時間かけちゃったし今日のところはこれくらいにしよう

どうせまた似たようなこと今後考えるだろうしなあ

今日は学校のあとオタクの友達と映画。

その子と会ったらしばらく人と会う予定は自分から作らない限りないだろうなて奴

名探偵ピカチュウ見に行く。楽しみ。

5/18 聞くは一時の何たら

何でもない1日だった割に何かいろいろ考えることが多い日だったんだけど帰ってガルパして26楽曲2曲連続初フルコンできたことに興奮してる間に大分飛んだんですよ(あ〜めちゃめちゃうれし〜〜今なら他の曲もいけるんじゃない〜〜て他の曲2曲続けて最後の一節でコンボ切れて悲しかったんですよ…

ガルパ…最初はハードもむずない…?くらいのあれだったのに毎日少しずつやってたら難易度26でも曲によってはフルコンできるようになってきたから継続は力だなあ…

vgGZのEDのあの曲をいつかフルコンしたい…

 

 

それはそれとして今日のこと

大したあれじゃなかったんだけど仕事のことと学校のことと。

今は午前中だけ大型機械の補助業務みたいなことをしてるんだけど狭い通路無理して

通ろうとしたときボタンみたいなのに軽く手がかかってそれが非常停止ボタンだったみたいでアラーム鳴りながら停止した機械に駆けつけた人に「どこか間違えてボタン押したりしましたか?」って聞かれたのに咄嗟に「いや…通りがかっただけなんですけど…もしかしたら引っかかったんですかね…」てとぼけちゃったんですよね

今にして思えば「アクセルを踏んだ覚えはない、急に車が発進した」くらいあれなことを言ってたなあと思ったんですよね…

優しい先輩で苦言を呈すような人じゃなかったから下手に誤魔化すより「すいません、通るとき間違えて押してしまって」って言っても…というかそう言うべき場面だったなあとそのあと一人でもやもやしてしまった…

 

あと学校のことは授業中に出た任意の課題で、前回までの授業の中で話したことについて記述してみてって奴だったんだけど間が悪く前回までのプリントの類を持ってこれてなくて、話してたこと全部書き取れてたかも記憶が定かじゃなくて。

テキスト見ながら自分なりに書いてはみたけど合ってるかはわからなくて。

同じ状況の人で周囲の人にすいません、どんな話をされてたか該当授業の資料見せてもらえませんかって頼んで課題してる人を横目に結局誰にもそれを言えないまま自分は帰ってきてしまったっていう。

 

仕事でも何でも、割とよくしてしまうんだけど

その場で聞くことを、「聞く」っていう労力とか、時として「忙しそうな今聞いたら絶対渋い顔をされるな」って状況から逃げたい気持ちだとか、時としてわけわからんプライドとか、そういういろんな言い訳を自分の中でして「わからないことをその場ですぐ聞く」っていう習慣をいつまでたってもつけられない自分がどうにもいやだなあて今日もまた思い知らされた。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥、って本当に本当にその通りだなあと思うんだけど「一時の恥」を耐える精神て恥から逃げたいて思ってる限りいつまでも向き合えないんだよなあ…逃げない勇気を持つ意識をもう少し日頃からしていきたい…いこう…

 

5/16

久しぶりに昼寝したら驚くほど夜の授業が眠くないから一週間に1日くらい水曜か木曜辺りで昼寝するのも良いかもしれないな〜〜と思うなどした

一度座り込むと立ち上がれなくなるだけな気もするから出来ればまっすぐ学校行って欲しいとも思うけど…

 

エレベータ乗り合わせた人とか駅で見かけた学校の人とか、とりあえず話しかけてみたりするんだけどエピソード記憶に関連づけないと記憶力皆無なので相変わらず人の顔と名前が一致しなくて名前が呼べないけど相手も呼んでこないから多分お互いわかってないんだろうなって思いながらここ数日人と話してたわけよ………人の名前覚えたい…