ただの日記

勉強の進捗と感情の備忘録

8/13

前期終わって少しだけ休み入ったのでだらだらした…18時間寝た…きもちい…

前期終わっちゃったんだよな…

試験の類まだなんぼか残してるんだけど

 

来週から後期だ…あと6ヶ月くらいだ…

頑張れてるのかよくわからなくなってるから国試過去問をそろそろ科目別じゃなくて総合的に解いてかないといけないんだろうな…音響学とか全然手つけて無いけど…

就職先も何か…まだ…いろいろ見学してるけど…まだ目星付けられてない…

今月来月以内には決めたい…

いろいろしてるけどいろんなことがおぼつかない時期だなあと思う…

地道にやりたい…頑張りたい…

それ以外のこと考えるのがだんだん億劫になってきた…

いろいろ終わったあとどうするんだろ…やだな考えたくないけどやっぱりこの1、2ヶ月でその辺りも考えて動いていかないとだな…やだな…

今週いっぱいはちょっと働いたりだらだらしていたい…

寝る…

7/31 噛み合い

右脳が平穏以上、気持ちよくなれれば尚良いけど。

ともかくディスコミュニケーションが極力取り除かれた空気の中で生きていたい欲求が強いんだろうなあって最近すごくそんなことを思う。

(何か前も似たような記事作った気がするけどまあいいや)

 

音でも言語でも空気でも何でも、噛み合ったとき噛み合わないときってそれを感じるのは多分右脳だと思うんだけど。

音だったら和音と不協和音って具体的な言葉と例がちゃんとあるけど人との会話とか一緒にいることそのものとかでも居心地の良し悪しってその人との相性みたいな、噛み合い方が暗黙のうちにあるわけで。

私は多分、そういう噛み合いに対する感じ方に人一倍敏感な気がする。

噛み合うとすごく気持ちよくて、噛み合わないとすごく気持ち悪い。

 

例えば気持ち良さを求めて二次元で意図的に作られた完成度の高い、気持ち良い空気を積極的に欲したし、噛み合う説得力を自分で創作として落とし込んで、フィードバックして、もっと気持ちよくなった。

そういう意味でもやっぱり同人活動中毒だったんだろうな

 

例えば気持ち悪い空気が持続すると本当に耐えられなくて、それが教室っていう空間で繰り広げられる誰かと誰かの不毛な口論だったりしたら割って入ってどうにかしようと試みてしまう。

高確率で自分が入ったところで、仲介したところで、根っこから事態が解決することなんて無いんだけど割って入ってしまう。

何か議題と的外れなこと言ってるなって人がグループワークの中で居たら、適当に受け流すとかができなくて議題で言いたいところはこういうことなのにそこから逸れてることをどうにか伝えたくなる。

私自身説明がめちゃくちゃ上手いわけじゃないし、まず的外れであることをその人が自覚できてない時点でその場で綺麗に解決することってやっぱりほとんど無いんだけど。

大体、面倒ごとに巻き込まれにいってるっていうか、ストレス溜まる結果に繋がることの方が多いのに。

ストレス溜まる空気をどうにかしたいと思って違うストレス溜める本末転倒感すごいけど。

少なくとも指摘した事実を残すことでその人の考え方がいつかかっちりしていく一つのきっかけになったりするかもしれないし、とか思うし悪いことじゃないと思ってるからそういう場面になるたび口を突っ込んでしまう。

 

ストレスの無い空気の中だけで居たいなら一人で居るのが一番なんだけど。

気持ち良い空気は相性の良いオタクとか友達とか、そういう、誰かと一緒に何かを共有できる中でこそ生産性が高いから定期的にそういう誰かと会いたくなる

創作したいのも気持ち良さをバイオフィードバックしたい一貫なんだろうな

居心地の良い空気の中で生きたい…

自分の人生が筋の通った噛み合ったものであって欲しい…

結果としてどんどん生き辛い部分を出してるような気がしてもいるけど、それでもまあ出来る限り何かをしてみたいなあと思う

 

二次創作は気持ち良い空気の一番のフィードバック方法だった。

だからこそ一番の何よりの生き甲斐だったし、勉強は本当に嫌いだから生き甲斐に逃げ続けたけど…ふと俯瞰したときすごく気持ち悪かったんだろうなあ…自分の生き方のバランスの悪さが。

気付くのが本当に遅すぎて浅はか極まりないけど。

「気持ち良い空気を作れるよう働きかけられる自分」になるには勉強しなきゃいけなかったんだなあと今頃思う。

そう思えてもやっぱり勉強は得意でないけど。

自分にとってありたい空気を行き届かせたいのであれば勉強をしないとなあと渋々思う。

 

気づいたら7月ももう終わりで、8月に入ったら国試まで後半年だ

とにかく今は勉強主に、いろいろ頑張ってみよう

7/26

工場休みでバイト無かったからいつもより遅くに起きて、授業も夜からでそれまでフリーだったからそれまでどうしようかな~…だらだらしたいな~~…
って思いながらだらだらしそうになったところでちゃんと堪えて準備して昼から図書室籠るために家出た自分は偉いなあ
偉い偉い…
昨日も天神祭で休講だったけどちゃんと図書室行って心理測定の復習してたし…偉い偉い…

学生時代に頑張っておくべきだったこと今更やってる時点でいくら頑張ったところで誰かに褒められるようなことができてるわけじゃないから、気の進まないことできたときは自分で自分褒めていかないとなって思って頑張って褒めてる
今は人生のリハビリ中みたいなもんだって自分が言ってた

よ~し今日も頑張るぞ~~

7/18

日付はもう変わったけど…

筆舌に尽くしがたい感情が喉でずっとつっかえて息苦しい1日だった

言語化できる感情の閾値を感じるというか、下手にアウトプットすると全部生半可なものになってしまいかねないのがすごく嫌だ…

でも漠然とした感情がつっかえ続けるのも苦しい…

こういうとき文字言語だと陳腐さが目に見えてしまうから音声言語が良いんだろうなあ…

 

アニメが好きなのは想像の余地に委ねられない、環境も世界も元からの何もないところから1つの空間や関係を見せてくれるからなんだろうなあって、日に日にそんなことを考える機会が増えてるのを年とともに感じるんだけど。

あらゆる創造分野の中で私はやっぱりアニメが好きだなあって思う

そこが間違いなくどこよりも一番、みたいなそこまでの特別な思い入れではなかったけど技術の高さとか表現力がとても好きないくつか、の中には間違いなくあるっていうそんな思い入れだけど。

きっと真摯に仕事に向かう人たちが沢山居て、きっと分野柄気の合う人たちも沢山居て、培われてきた技術とかやりがいとか生き甲斐とかそういうものが作品に反映されていくはずだったんだ

その人の人生も作品も生み出す技術や人材もどうしてあんなやり切れない発端で失わなければならなかったんだろうな

アニメーションから生まれた世界を見て感情を摂取することが生き甲斐であり続けた人生で、自分なりの創作活動をして、下手の横好きなりに表現を続けてきて上手くいかなさを実感し続けてる人生で、そうすると余計に、本当にすごいものを作ってきた人たちなんだって漠然とじゃなく実感できるから

そういうことが自分の中のものを重くし続けてる1つ1つなんだろうな

 

自分にはできないこと、持てないものを持ってるあらゆる人が羨ましくて尊敬してて。

誰を見てもどこを見ても大体芝はどこも真っ青なんだけど。

それでも強いて言うなら。

いちばん出来れば持っていたかったのは多分、より良い人格以上に個人的には表現するための画力だった。

今回のことがこんなに今までに無く心を重くする理由について考えたうちのいくつかで思い当たったもう1つはこの辺りだった

 

 

自分にとって大事にしたい尊いものを形にしてくれるものが無くなっていく感覚がこの1日だけで大きなところから3箇所くらい。

何だか本当に、拠り所が少しずつ、それでも確実に失われている実感がとてもしんどい

どうして…、っていうか何て言うか、やっぱり根幹行き着く先は心の在り様の問題なんだよね

って思ったらそんな現状に「絶望してしまうな」とかそんなんで完結させてる場合じゃないって、そんな気がしてならないんだよ

人間関係とかそんな生存本能の副産物で心すり減らして先細りするとか馬鹿馬鹿しいよ

副産物で生じた文化とか心の在り様を、私は純粋に高めて楽しんでいたいんだよ

いつからか分かってきたことだけど、私は自分で人の心を揺さぶる作品を作りたい、というよりは人の心の在り様そのもの全体がより良くなることで結果として心揺さぶられる作品が溢れる世の中であって欲しくて。

私はその中でただただ良い作品を甘受して、そこで得た感情をアウトプットしていたいんだよなとつくづく思う

 

誰も見てないこんなブログだから大口も叩くだけならタダだと思えて推敲もせず思いつき次第思考垂れ流してるけど日本語おかしいんだろうなあわはは

これからの為に何かしたいと思うならまずは明後日の試験に向けた勉強なんだろうなあ

だらけきった生き方が良いエゴが勝ち続けてる分際だけど勉強本当に嫌だけど明日も頑張ろう

7/15 見た夢のメモ

落書きに色を塗ったりワンドロに参加して漫画描いたり惰眠を貪ったりして何かすごく充足感のある休みを過ごした気持ちだ…

それと今日は昼寝してるとき夢を見た。

朝方の意図的な二度寝とかでもたまにあるんだけど、昼寝していい感じの体勢で程よく惰眠貪ってレム睡眠繰り返してるとき変な夢見れたりすると何か寝てるのに変な世界に入り込めて、寝ながら擬似体験できた感覚にお得な気持ちになるっていうか…今日の昼寝は結構変な夢見れて楽しかったからメモを残すぞ

 

1時間くらい昼寝しよ〜ってときに見たのと1回ぼんやり起きてもうちょい寝るか〜って二度寝したときに見たのと内容違ったけどもしかしたら続き物だったかも

どっちも結構忘れてるとこある気がするけど覚えてるとこだけ。

1回目見たのは電車に揺られてる夢。

何か観光地に向かうっぽい、通勤通学とは違う程々に賑わった電車に乗ってた夢だった。

誰か…妹みたいな誰かは居た気がする…あと誰か居た気がするけど思い出せないけど一人じゃなくて何人かでどこかに向かう夢。

外の情景は思い出せないけど何となく天気は良くて、ビル群というよりは自然の景色だったような気もする。

2両に1つ、車内の端っこにトイレが付いてる電車で、降りる前に一回向こうの車両のトイレに行こうかなあみたいなこと思ったら先に行きたがってた妹が先客が出る様子を伺ってそわそわしてるのが見えて、先客が出た瞬間駆け込んでいったシーンをやたら覚えてる…

(一回目が覚めた時確かにぼちぼちの尿意があったんだけど、さっき適当に夢についてwiki読んでたら「尿意は夢に反映されやすい」って書いてあってあ、あるあるなんだ…ってちょっと面白かった)

どっか駅に着いたところで目が覚めた気がする。

駅の雰囲気は伏見稲荷みたいな尾道みたいな…なんかまあ程よく栄えた田舎寄りの観光地的な空気だった。

 

二度寝したとき見たのは何か思えば確かに最初はどこかの駅前だった気もするけど、体感してる「自分」の立場にある人物像は何か違う誰かだったような気もする…

ざっくり言うと空を飛ぶ夢だった。

赤と橙の中間色の、翼の付いたソリみたいな?何だろ飛行機っていうにはエンジンとかないアナログ感がすごい機体にまたがって、ある程度助走を付けたらふわってするのを両手の紐状レバーみたいなのを操作して動かす感じ。

最初は上手く飛べなくて、人並みかき分けて線路の側で助走するけど一回は失敗して迂回してた。

その次は結構無理やり飛んだんだけど飛んだ後になってレバーの下にあるボタンを押したら機体の下に強い風が出てそれが浮力になる?みたいなことに後から気付いてその後からはそれを使うようになるんだけど。

何回か落ちそうな、ちょっとひやっとした場面があって、何かもうちょいこの機体、身体安定させてくれるシートベルト的なのないの?って飛びながらガチャガチャしたり。

もう少し低空飛行して前進したいんだけど…って思っても高度がふわふわ上がってくばっかりで思うように前に進めなかったり。

それでもじわじわ前に進んで、木々の隙間を縫うくらいの高度も保てるようになってきて。

どこに向かってたのかは忘れちゃったけど、山々を超えてたけど島から島に渡ろうとしてた気がする。

(前日に瀬戸大橋の側の島々についてのテレビとか見てたからかな)

水辺と木々の茂り具合が何かいい感じのところがあって、その木々の上の方に一回止まってそれからすぐ飛んで、そこを通り過ぎるくらいになってからそこの景色綺麗だったよなあ止まってたときに写真撮っておけば良かったなあって思い立って、一度戻るかそのまま進むかどうしようか、ってなったところで目が覚めた、気がする。

 

二度寝したときに見た夢の方が何か浮遊感(心地よさより上手く飛べなかった感覚のが残ってる)が印象的だったなあ

空飛ぶ夢見たこと覚えてるの何か初めてかも

改めてweb辞書引いたら夢って睡眠時に見る幻覚のことなんだねえ幻覚なんだ

幻の感覚を日々寝ながら脳が再生してるって何かすごい不思議だねえ

 

私が覚えてる夢の内容はざっくり括ると何かいつも自分なのか分からない誰かがリアルな世界なようで何かどっか現実的じゃない空間でそれが当たり前みたいに生きてる1シーン、みたいな内容が多くて

自分じゃない誰かのここじゃない世界を擬似体験したみたいな感覚が残ることが多いから目が覚めた時「新鮮で楽しかったな〜」って感覚が残ることが多いなあ

楽しかった…また何か楽しい夢見たらメモしたいな〜

7/14

家に帰ると無気力になって何もしたくなくなってしまうのが何かな〜〜〜〜って思いながら家で何もできない一週間だった…

勉強したらいいんだろうけど家でほんと勉強できない…した…しないといけないんだけどしたくはない…はああ…

やっぱりどっかでイベントに参加する予定とか立てて少しずつ原稿とかしたい…何かを家でもやってるっていう実感にしたい…

年明けのインテとかでちゃだめか…?わからん…無気力な日が続きすぎたらちょっと考えよう…

今月はほぼ月〜日まで授業が入ってるんだけど明日は何も無いんだよな…

何かしら…何かをしたい…

人にも会いたい…

ぐう… うう

 

今日の授業で、舌は動かさないとものすごく痩せる、とか筋肉は動かさないとすぐ瘢痕化したりするから継続的な運動をして筋繊維に戻していった方が良いとか、そういう話を聞いたりして

昨日は声を出すことを重視して喉頭を残したい人は多いけど実際は声を出せないことより自分でおいしいものを食べられないことの方が苦痛は大きいんだって話を聞いたりして

人が人らしく生きる寿命を延ばす為にリハビリってするんだよなあって気持ちを改めたりして、良い仕事を目指そうとしてるんだなあ自分って思ったりした

自分が向いてるのかは未だに何とも言えない気もするけど

 

より良いものとしたいっていう意識を持って何かを長く取り組める人がこういう仕事は向いてる、って昨日今日の嚥下の授業で先生はおっしゃってたけど。

だから趣味がない人は何か趣味を持った方が良い、ともおっしゃってたけど。

10年以上同人活動はしてて今でも自分にとってはきっと生き甲斐なんだけど

そこに自分の表現をより良いものとしたいって向上心はなくて、ただただ摂取したものを受けて得た感情をアウトプットしたい、っていう意欲だけで続けてきたことだから先生が言ってた持っていた方が良い趣味、とは何か違うような気もしたなあ

絵が上手くなりたい、って思いながら努力とか勉強をしてたなら私は適正があったんだろうなあ

相変わらず、頑張ることを継続的に続けられてない自分のままなような気がするけどまず続けていくことだよなあ…継続は力なり…頑張ろう…何かしよ…

あーーーやっぱり生きるの上手くなれないな でもがんばろ…

7/11

試験翌日でこの後の試験も来週後半とかで逆に今何勉強しとくのがええんかな〜〜やろうと思えばした方が良い科目ばっかりな気がするけど〜〜試験明けだし週中だしなんか疲れたな〜〜〜〜〜

みたいな気持ちで図書室行って寝てたから半端な意識のままずるずる学校行ってもあかんな……って思いました…

授業で国試の過去問解いたりとかするとはえ〜〜やっぱこの辺りもうちょいインプットしなきゃな〜〜ってとこ沢山出てきてそのとき時点とかだとやたら勉強に対する意欲高かったりするんだけど帰ってからは何かもう家で勉強とかしたない…ってなるし何かもう…

 

昼過ぎ時点で意識切り替えるのに良い感じのやる気スイッチ見つけたい…モンスターとかエナドリコスパが悪い…エスタロンモカ入れたりブドウ糖摂取してみたりとかしてるけど…何かもうちょい上手く切り替える手段身に付けたい…

慣れるとダメなんかな…あかん…何もなくても切り替えられたら一番良いのに…これだから切り替え下手くそマンは………

今日は絶対これやる!って奴ちゃんと決めてから家出るようにするとかかな…

…がんばろう…